スポンサーサイト

  • 2014.11.27 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ちょっと待ってくれ・・・・嘘だろう??





ちょっと待ってくれ・・・・嘘だろう??

と思わず言っちゃうような凄いニュースです。


ネパール
の国営ロイヤル・ネパール航空は、飛行機に不具合が生じた為


なんと・・・


ヤギ2頭をヒンドゥー教の空の神に”いけにえ”として捧げたらしい。


しかも・・・


「機体の不具合は直り、運航を再開した」とコメントしています。


宗教のしきたりってもちろん大切でしょう。

オッサンは、他の民族の宗教や思想を敵対視するような野蛮人ではありません。

ヒンドゥー教のしきたりならば、それはそれで評価しますよ。


でもね・・・


さすがに、いけにえで飛行機(機械)は直んないって・・・・。

神秘の力で、病気を治したりする人の存在だって、頭から批判するような真似はしたくない。(そもそも病は気から・・・って論調で考えれば、気持ちの持ちようで病気が治ってもなんら違和感無い・・・ような気がするしね)


でも・・・飛行機の不具合には、機械的な原因か?電子制御が原因か?

どちらにしても、明確な原因があると思うんですよ。




[PR]やっぱり日本の航空会社が安全だと言う人は・・・ANA楽パック



空の神様の怒りで、飛行機がトラブっているのなら、空の神様に”いけにえ”を捧げて、怒りを収めて頂いた方がいいと思いますよ。

でも・・・飛行機のトラブルは技術的なトラブルって事でしょう。

神様が怒ってるわけじゃないですよ。

早く、技術的に直さないと、とんでもないことになりますよ。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070905-00000296-reu-ent

国営ロイヤル・ネパール航空は4日、保有するボーイング757型2機のうちの1機に技術的な不具合が出たことを受け、ヒンドゥー教の空の神をなだめるため、いけにえとしてヤギ2匹をささげたことを明らかにした。
 ロイヤル・ネパール航空は過去数週間、この不具合のために何便かを運航中止にしなければならない状況だった。
 当局者によると、ヤギは2日、同国唯一の国際空港であるカトマンズの空港で、問題の発生した機体の前で、ヒンドゥー教のしきたりにのっとっていけにえにされた。
 同航空会社の幹部は「機体の不具合は直り、運航を再開した」と語った。不具合の内容については説明しなかった。





解散総選挙が一刻を争う事態ならば、彼女の訴えは単なるワガママやん

イギリスでは昨年、被選挙権の最低年齢が21歳から18歳に引き下げられたったいね。

だけん、この女子高生も出馬ば決意したとやろう。

「後数日で、18歳になるから解散はその後にして!」って訴えること自体が、まだまだお子様だと思うっちゃけどね。

選ぶとは、イギリス国民やっけんオッサンには、意見する資格も無かったいね。

ばってんが、解散総選挙が一刻を争う事態ならば、彼女の訴えは単なるワガママやん。

早急に解散する必要ンなかなら、ワザワザ国費を使って解散総選挙をする事は無か。

なんか・・・史上最年少の議員ば誕生させたかけん解散するごたるね。


ワガママお嬢さんなのか?話題づくりなのか・・・?

オッサンには知る由も無か話ばってんが・・・

最年少の女子高生議員が誕生すれば、大きな話題になるやろうね。

それとも・・・彼女は、政局打開の秘密兵器なのか・・・?

どうも・・・周りの大人に利用されてる気がするぞ。

恋もしたいし、友達と遊びたいお年頃なのに・・・

好き好んで、議員になりたいって思うかなあ?

日本だったら、マスコミに追い掛け回されて・・・

悲惨な結末を招きそうだけど・・・・。


[PR]秋の売れ筋!60%off ミラノ・タッセルの柔らかローヒール



イギリスはジェントルマンの国だから、女子高生議員を

パパラッチするような行動や報道はしないのかなあ?


どちらにしても、政局が行き詰って、一日も早く解散総選挙が必要なら

彼女のお願いは、お子ちゃまのワガママって事ばいね。

急ぐ必要がないなら、莫大な費用を使って解散総選挙する必要は無か。

しかし・・・その心意気や良し!志は大いに評価して良かと思う。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070927-00000049-san-int

英労働党史上、下院議員として最長の50年間の勤務歴を誇るトニー・ベン氏の孫娘で高校生のエミリー・ベンさん(17)が次期総選挙の同党公認候補予定者に選ばれた。同党への高支持率を背景に早期解散を求める声が高まる中、エミリーさんは25日、労働党年次大会でブラウン首相に「18歳の誕生日を迎える10月4日までどうか解散しないで下さい」と訴えた。

 英国では昨年、被選挙権の最低年齢が21歳から18歳に引き下げられた。しかし、18歳の誕生日前に解散・総選挙になると出馬できなくなる。エミリーさんは大会での演説で「英国史上最年少の候補予定者に選ばれたことを誇りに思う」と話した。

 同党左派で鳴らしたベン氏は1951年に史上最年少の下院議員として初当選。同氏の家系は英国で最も有名な政治家一家として知られる。5代目の政治家を目指すエミリーさんは、現在のヒラリー・ベン環境・食糧・農村相の姪に当たる。




★おすすめサイト★

スズメバチに刺されたら 応急処置

使用上の注意をよく読みましょう

リコピンと健康


日本人が射殺された・・・って事だ。





日本人がミャンマー軍事政権の兵隊に射殺されたってことだよ。

危険地域に出向いて、カメラを持っとったら、射殺される危険性は高か。

だから、「君子、危うきに近寄らず」って事で、本当は、近づいたらイカン地域ったいね。

紛争中や戦時下の地域に行けば、殺されたっちゃ文句は言えんやろう。

本人も、ジャーナリストとしてそこいら辺は覚悟の上やったと思う。


[PR]ビルマでいま、何が、起きているのか?



ばってんが、命がけで危険地帯に踏み込み、取材する人がいるからこそ、我々は実際にどんな事が行われているか、自分自身の目で確認する事が出来るったいね。

命がけで、我々に真実を伝えようとした「長井健司さん」に、感謝するとともに、ご冥福を祈ります。






引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070928-00000016-yom-int

ミャンマー軍事政権による反政府デモ弾圧を取材中に死亡したニュースプロダクション「APF通信社」(東京都港区)の契約記者、長井健司さん(50)が、軍用トラックから飛び降り、走ってきた武装兵士に、数メートルの至近距離から撃たれていたことが28日、米テレビCNNなどが放映した映像で明らかになった。
 ヤンゴン中心部のスーレ・パゴダ(仏塔)付近の路上で、あおむけに倒れた長井さんが、右手に握りしめたカメラは、逃げる市民を追うかのように、その背中に向けられた。だが、武装兵士はかすかに腕を動かす長井さんのそばを無情に通り抜け、デモ隊を追い続けた。
 軍政は、デモが最も頻繁なこの地区を厳重警戒しており、特別な訓練を受けた精鋭部隊が任務に当たっているとされる。

パキスタンの自爆テロ事件は史上最悪!




世界には、未だに武力によって自己主張を続ける勢力が存在する。

なんとも、悲しい事件だ。

犯行声明が出されていないので、事件の背後関係は不明だが・・・

政府は危険性を察知して、ブット氏に「最高裁判決まで帰国を延期すべきだ」と求めていたそうですが・・・

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071019-00000034-mai-int

パキスタン南部カラチで深夜に起きたブット元首相を狙った自爆テロ事件は、8年半ぶりのブット氏の帰国を歓迎する野党支持者で埋め尽くされた主要道路で起きた。死者は130人に達し、同国でのテロとしては過去最悪級となった。地元警察によると、ブット氏がトラックの荷台から防弾ガラスが装備された同じトラックの車内に移動した数分後に爆発が発生。荷台にいた支持者らは負傷しており、ブット氏は間一髪で難を逃れた。

 爆発後、国営テレビは「民主主義に対する陰謀だ」と事件を非難するムシャラフ大統領の声明を放送した。AFP通信によると、ブット氏は事件を受けて19日予定していた大集会での演説を中止した。

 警察の調べでは、爆発があったのは片側3車線の幹線道路シャフラヒ・ファイサル線。爆発はブット氏を乗せたトラックの直前で発生し、周囲にいた人々は何が起きたのかも分からないまま絶命した。路上は血で真っ赤に染まり、生き残った人々はパニックになり転倒し、下敷きとなり、現場に悲鳴が響き渡った。

 目撃者によると、爆発した2台の乗用車は当初、「パトカーが停車している」と思われていたという。2台は車線をふさぐ形で止まっており、ブット氏を乗せたトラックの運転手が、進路を開けるように何度かクラクションを鳴らした。直後、1台がドンと爆発し、直後に2台目が爆発した。

 犯行声明などは出ておらず、事件の背後関係は不明。しかしブット氏の夫ザルダリ氏は民放テレビに対し、「パキスタンの情報機関が実行した」と非難し、「我々は対抗措置を求める」と語った。証拠には言及しなかった。この発言を受けるかのように、支持者らが警察署などを襲撃し、小競り合いとなった。

 ブット氏は18日、ムシャラフ政権との権力分担協議などのため、8年半の海外亡命生活にピリオドを打ち帰国したばかりだった。政府はブット氏らに恩赦を与える「国民和解協定」の施行を約束したが、最高裁が協定の合憲性を審議し始めたことから、ブット氏に「最高裁判決まで帰国を延期すべきだ」と求めていた。

 また政府は「過激派によるテロの可能性も否定できない」と警告。ブット氏も「身の安全」に懸念を示したが17日、「だれも私の帰国を止められない」と帰国の強行を発表した。政府は「最大限の警護」を保証し、18日のカラチ空港発着の国内全便を欠航にし、パレードでは警察官にトラックの周囲を警護させていた。





スゴイ歳の差夫婦の結末。



58歳の歳の差を乗り越えて結婚したんだけど、3週間で妻が亡くなるという悲劇!

たばこ屋のオッサンは、この結婚のニュースを聞いて、82歳のおばあさんが結婚?嘘だろう?って思ったが、不思議と嫌な印象は受けんやった。

普通やったら、「金目当て」とか「なんか企んどるばい」って、ひねくれた捉え方をする一般的な?オッサンなんだが・・・


真相は、たぶんお金が絡んでるだろうと思う。

おばあさんは82歳で、なくなった友人の息子と長い間同居していた。

おばあさんに、家族がいたのかどうかはワカランが、情が移ったのは間違いなかろう。

死期を悟ったおばあさんが、合法的に遺産をこの友人の息子に渡す為に、結婚を思いつたとしても、なんら不思議ではない。

家族がいなかった場合など、遺産はどうなるかわからない。

アルゼンチンの法律を知らないから、なんとも言えんのだけど・・・。

日本では、こんな感じですね。
>>葬儀後の手続き・相続のすべてがわかる本



自分の遺産を、同居している友人の息子に残してやりたいと思うのは、人の普通の感情だと思う。

だから、金にまつわる嫌な印象を受けなかったんだと、自己分析しとる。


ただ、おばあさんの遺産に目をつけていた親戚や周囲の目は、厳しいだろうね。

周囲の悪意にさらされる事は避けられんやろうね。
(命を狙われたりしなければいいのですが・・・)

黙っとっても、この24歳の青年に遺産を相続させてくれるようなら、結婚しなかったかも知れないし・・・・。


たばこ屋のオッサンの個人的な意見としては、亡くなったおばあさんの思惑通りになったんじゃないかと思っとるばい。

おばあさんのご冥福をお祈りします。
きっと、安らかに眠られてる事でしょう。(そう思いたいです。)





引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071023-00000017-jij-int

亡き友人の息子と58歳の年齢差を乗り越えて結婚し、話題となっていたアルゼンチン北部サンタフェ市在住のアデルファ・ボルペさん(82)が22日未明、脳内出血のため同市内の病院で亡くなった。新婚生活はわずか3週間強だった。
 アデルファさんは9月28日、長い同居生活を経て24歳の青年レイナルド・ワベッチェさんと恋愛結婚。今月初めにはブラジルのリオデジャネイロなどに新婚旅行に出掛けるなど元気だったが、現地報道によると10日に胸の痛みを訴えて入院。その後容体が急変したという。

我々にも良い教訓になるのでは・・・

アメリカって国は、良くも悪くも訴訟社会なんですよね。

当然、多民族が共存するためには、法律だって解釈の違いが出てくるし、善悪の微妙なニュアンスだって変わってくる。

日本のような単一民族がほとんどを占める国の国民性とは違う訳たいね。

日本は、日本なりに単一民族であるが故の問題点を抱えとる。

マスコミ報道などに対して、一様に同じ方向を向いてしまう事ばい。

情報を利用して、国民感情を操作しやすい国民性ちゅ〜事ばい。

戦前・戦中の大本営発表を鵜呑みにしていた時代から、あまり成長してないのでは?と思ってしまう事が多々ある。

アメリカは、多民族共存社会だから、訴訟社会にならざるを得ない訳たいね。
宗教観もモラルも法解釈だって違う者同士が共存する為には、訴訟によって解決するしかないんだから・・・。


>>裁判からみたアメリカ社会



そうなると、法律に詳しい者は、全てのトラブルにおいて俄然有利になる。

訴訟社会だから、裁判が多い。

当然、弁護士や裁判官の仕事は増える。(判事は裁判官の職位の1つ)もちろん人数も増えます。

弁護士の数は、アメリカには約106万人・日本には約2万1000人(2007現在)
なんとアメリカには日本の50倍も弁護士がいるんです。
人口が極端に違うので直接比較は出来ないから、人口に対する弁護士の数を調べると、アメリカでは約265人に1人の割合ですが、日本では約800人に1人の割合なんだそうです。いかに日米で差があるかわかると思います。


そして、1994年にでたアメリカニューメキシコ州の判決は、

79歳の女性がファーストフード店のドライブスルーでコーヒーを購入。

容器を太ももに挟んで、蓋を開けようとしたら容器が倒れて、お尻を火傷した。

これが裁判になるくらい訴訟社会な訳です。

日本なら、自己責任ですよね。熱過ぎて口や喉に火傷をしたのなら、ワカランでもないが、太ももに挟んで、蓋を開けろうとして、容器を倒したんですから・・・。

日本ならば、倒れたのではなく、倒したというニュアンスでしょう。故意ではないにしても過失は本人にあるような気がしますし、日本ではそう判断されるでしょう。


そして、この裁判で出た判決は・・・

本人の過失も2割程度認めて減額されていますが、ファーストフード店は、64万ドルの損害賠償を認めています。日本円で当時6500万円程度だと思います。

こんな判例があるわけですから、ピアソン判事の訴訟だって不思議ではない背景があったわけです。
人はどんどんエスカレートしていくもんだから、ズボンの損害賠償が5400万ドルになっても不思議ではない背景があったわけたいね。

日本では、絶対に「頭おかしいんちゃか?」って思われてしまいそうですが・・・。

アメリカの訴訟というのはスケールがデカイ!というか、弁護士の宣伝活動として、故意に大きくしているような気もするったいね。

調子に乗りすぎると痛い目に遭う!って事ですかね。

我々にも、「好調な時でも調子に乗って、痛い目に遭わないようにせんばイカンね。」という教訓になると思います。

「好事魔多し」って事です。

ピアソン判事・・・欲を出して、失職する見通しだそうです。

関連記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071024-00000015-jij-int



【PR】
眞鍋かをりのニキビケア プロアクティブ


【話題の人】
滝沢沙織
滝沢沙織(たきざわ さおり)は、株式会社ピーチ所属の女優


肘井美佳
肘井美佳(ひじい みか)は、スターダストプロモーション所属のタレント。


韓国で大量の原油が流出したらしい

韓国沖でタンカーとクレーン船が衝突し、1万500トンもの原油が流出したらしい。

韓国では過去最悪の原油流出事故だそうですばい。


引用:Yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071209-00000644-reu-int

韓国沖で7日に香港船籍のタンカーとクレーン船が衝突した事故では、タンカーから推定1万0500トンの原油が海に流れ出し、同国で過去最悪の原油流出事故となった。
 沿岸警備当局によると、原油は首都ソウルから南西に約100キロ離れた沿岸にもすでに漂着しており、9日には魚や牡蠣(かき)の養殖場にも流れ着くとみられている。
 海洋水産省の当局者は「漁業に被害が及ばないよう全力を尽くしている」と述べた。韓国当局はすでに油回収船やフェンスを使って原油の拡散防止に取り組んでいるほか、船103隻やヘリコプター5機を出動させて対応に当たっている。
 泰安の沿岸警備当局者によると、9日には装備や人員がさらに拡充される見通し。現地の沿岸では、住民1200人以上が岩などに付いた原油を落とす作業を行っている。



タダでさえ石油が高騰していると言うのに・・・・


しかも韓国沖ならば、たばこ屋のオッサンが住んどる地域とはかなり近いぞ!

被害が拡大せんやったら良かばってんね。

海産物の養殖事業者も、慌てとらすやろう。

韓国の海産物っていえば、「韓国のり」がメジャーばいね。



のりの養殖業者も多かろうけん、早急に対策して欲しいもんばい。



被害が最小限で食い止められる事を祈っちょります。


海賊キッドの財宝?



海賊の残した財宝って・・・・

男のロマンばいね〜。

世界中のトレジャーハンターも注目しとるバイ。


引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071215-00000909-san-int

17世紀のカリブ海をまたにかけたキャプテン・キッドの海賊船「クェダ・マーチャント号」とみられる沈没船が、ドミニカ共和国沖の浅海で、米インディアナ大学の水中探査チームにより約300年ぶりに発見された。調査関係者は「記録文書も残っており、考古学の成果を検証する機会だ」と興奮気味に話している。

 インディアナ大の発表によると、沈没船は同国の保養地カサ・デ・カンポ沖にあるカタリーナ島近海で、水深約3メートルの海底で見つかった。当時の大砲などが確認されており、クェダ・マーチャント号とは「記録に残る特徴とほぼ一致する」(同大の考古学者ジョーフリー・コンラッド氏)という。

 「海賊キッド」の名でも知られるウィリアム・キッド(1645〜1701年)は、現在のニューヨークを拠点とする貿易商だったが、密貿易の摘発を請け負ううちに自分が海賊となった。英国の商船だったクェダ・マーチャント号は、1698年にキッド一味に襲われ、略奪後は配下の海賊船に利用されたという。

 カリブ海の島々では、ディズニー映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」のモチーフとなった海賊の財宝伝説がなお語り継がれている。クェダ・マーチャント号も金銀など財宝を積んでいたとされ、発見は埋蔵金探しを刺激することにもなりそうだ。



一体どれ位の財宝が見つかるっちゃろうね。


日本の埋蔵金伝説も盛り上がるやろうね。


ほんなごてワクワクするニュースですばい。


新年そうそうビックリたまげたニュースばい!





たばこ屋のオッサンは、どちらかというと・・・・酒飲みの部類ばってん!

正月そうそうこげな話ば聞いたら・・・・飲むか?飲むやろうな!!

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080102-00000062-jij-int

【北京2日時事】新華社電によると、モンゴルのエンフボルド副首相は2日、首都ウランバートルで年明け以降、偽物の酒による中毒事件が発生し、11人が死亡したと明らかにした。
 調査では、同一メーカーの酒を飲んだ52人に中毒症状が表れた。酒には有害のメチルアルコールが含まれていた。現在41人が病院で手当てを受けており、うち3人は重症。
 政府は製造工場を閉鎖し、ウランバートルの市場で販売されているアルコール飲料の品質検査に乗り出した。




商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』



モンゴルといやあ〜・・・


乳酒で有名バイね。


なんの乳やったか忘れたばってん・・・・多分、馬の乳が原料だったと思う。

もともと、自家製の酒ば飲む文化やったと記憶しとるばってん。


経済が発展してきたら、酒の製造工場まで登場しとったとか?!


そこには、また収益だけを重要視した現在社会の膿みたいなモン(精神)が生まれている・・・・って事か?


偽装どころの話やなか!

毒入り酒の製造販売ですばい。


人間という生き物は、経済発展とともに

「なんか大切なモンば失っていくとやろうね」

経済発展が先か、良心を失ったのが先か??

良心を大切にした経済発展ば望むバイ。

たばこ屋のオッサンは、酒は楽しく安全に飲みたかです。


悲劇的な話題ですが・・・・





双子の男女が、血縁を知っていたら拒絶反応を示すが、知らないと強く惹かれあう傾向って誰が調べたとやろうね。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080112-00000903-san-int

【ロンドン=木村正人】英国で別々の両親の養子となった双子の男女が血のつながりを知らないまま結婚、その後、双子と分かり裁判所から「近親結婚」にあたると婚姻を無効とされたケースが11日、英上院の審議で報告された。英BBC放送などが伝えた。

 ある上院議員が裁判官から聞いた話として紹介した。双子の詳細については明らかにされなかったが、2人は「双子とは知らなかった。お互いに避けがたい魅力を感じた」と結婚した理由を話しているという。上院議員は「近親結婚の悲劇を事前に防ぐためにも、養子となった子供たちには血のつながった親が誰なのか知る権利がある。隠しても真実はいずれ分かるのだから」と話した。

 専門家によると、双子の男女は血縁を知っていると拒絶反応を示すが、知らないとお互いに強くひかれる傾向があるという。養子縁組だけでなく、生殖医療が進む中で、子供たちに血のつながった親を知らせる方法が問題になりそうだ。


あなたの人生を変える恋とは? 性格分析が導く恋愛ストーリー


イギリスの結婚の制度がどんなものか知らんけんが、詳しい事はワカランですが・・・


日本だと、戸籍に実の両親の名前が記載されとると思うけど・・・

双子だと知らずに出逢って恋に落ち、戸籍を調べて双子だと判明するって話ならない事は無いでしょうが、婚姻届が受理されるまで解からないって事は無いやろう。




気の毒っていうか、悲しい恋の話ばってん・・・

結婚した後で、双子だから「婚姻を無効」って言われても、簡単には納得出来んやろうと思うバイ。

「たまったもんじゃなかばい!」

上院議員の「近親結婚の悲劇を事前に防ぐためにも、養子となった子供たちには血のつながった親が誰なのか知る権利がある。隠しても真実はいずれ分かるのだから」って話はもっともだし、早急に対策したほうが良いと思うばい。

あまりにも悲劇やん。

世界にはいろんな悲恋話があるばってん。

紅楼夢 貴族社会の幻想 悲恋物語 上篇 (字幕のみ) 上

紅楼夢 貴族社会の幻想 悲恋物語 下篇 (字幕のみ) 下

シベリア抑留・悲恋物語

ロミオ&ジュリエット




この二人の悲しい恋の話は無かっちゃなかろうか?

親同士が不仲とか身分の違いとか、既婚者と恋に落ちたやら・・・・

そんな悲恋なら、二人の愛が本物なら乗り切れん障害じゃ無かばってん・・・

双子の兄弟だったって・・・・

どがんしょうも無かもんなあ〜



可哀想かもんなあ〜。


たばこ屋のオッサンは、この件に関しては何もコメントすることが無か!

気の毒すぎて、かける言葉も浮かばん。

ただ、この二人の今後の人生に幸多き事ば願うだけですばい。


calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
sponsored links
広告
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM