スポンサーサイト

  • 2014.11.27 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


小沢民主党代表が辞任!




「とうとう辞任ですか!」って感じです。

たばこ屋のオッサンは、過去の小沢一郎氏の行動パターンから推測して、小沢民主は短期だと思っていた。

基本的に、政党のトップというポストに執着心は無く、出来れば2〜3で己の政策実現の為に行動したいのであろう。

党の代表だと、多くの制約を受ける事になる為、小沢氏にとってはあまりありがたくないポストだと思っていたし、想定内の出来事やったばい。

百戦練磨の小沢氏の考えは、現段階で民主党と自民党を比較した場合、やはり自民党のほうが力が上だと考えていた事は容易に推測できる。

参院選の民主躍進は、自民党の不祥事やトラブルが追い風になったに過ぎず、民主党の実力ではなかった事くらいは、誰だってわかっていたと思う。

己の政策実現の為に、福田自民との大連立は現時点で必要不可欠だったんやろな。

もともと、トップに執着心がないばかりか、出来れば他の幹部に民主党代表を務めて欲しいと考えていたから、民主党幹部に大連立を否定された事を理由に辞任したんだろう。

民主党の他の幹部のなかには、「民主党が力をつけて参院選で自民を破った」と思っている人もいるだろうが、小沢氏は民主党躍進だった参院選でも冷静な評価だったのだろう。

民主党が大躍進した参院選の結果が、想定外の大躍進だった為に一時姿をくらましていたもんなあ〜。

居心地の悪い代表の椅子を放棄したい小沢代表にとって、良い辞任理由を与えてしまった感があると思いますバイ。

参院選の大躍進後、国際的な政策にも関与せざるを得ない立場になったので、今までのように対自民という対立軸だけを強調していればよかった民主党ではなくなったわけだ。

テロ特措法についても、憲法第9条を持ち出して自民党を攻撃していれば良かったが、責任政党になった以上、テロ特措法についても他の国際問題についても、国際貢献と日本の国益を考慮した政策を実現しなければならず、発言内容にも慎重にならざるを得ない。

小沢氏にとってありがたいポストではなかったっちゃろうね。

党代表どころか、民主党自体にも執着心は無かったんだろうね。
政党に執着しない姿勢(自民離脱後、新政党を作っては壊し、創っては壊しの連続)が、「壊し屋小沢」の強みでもあったと思うっちゃんね。

しかし、民主党幹部が小沢氏の辞表を受理するかどうか?

素直に受け入れれば、豪腕党首を失う事になるが・・・

受理しなければ、民主党の屋台骨を揺るがす程の「ぶち壊し」になりかねないと思う。

民主党幹部には、苦渋の選択だけど受け入れるほか選択肢はないだろう。

手のひら返して、「大連立に賛成する」という選択肢もあるが、民主党の大多数の議員は、対自民の対立軸を失うと求心力を失いかねないという側面もある。
容易に「大連立」を受け入れるわけにはいかんやろうね。

そうなると経験豊かなベテラン幹部、菅氏と鳩山氏も代表にはならないだろう。
岡田氏あたりが順当なところかなあ〜それとも前原氏・原口氏のような松下政経塾出身者だろうか?後任人事は見物だね。

テレビ等で知名度の高い原口氏は、まだ党首やってないし・・・面白そうだ。
そしたら佐賀は盛り上がるやろうな。

保守王国・佐賀でおきた自民党「佐賀の乱」は、記憶に新しい。郵政民営化の影響がはっきりと認識されるであろう2008年前半は、郵政民営化に反対した議員に対して、対立候補を擁立した自民党本部に対する、自民党佐賀県連の逆襲の年になると思う。
そこに、佐賀選出の原口氏が民主党代表なんて事になれば、自民党佐賀県連は自民党本部に対して反旗を翻す可能性もあるのではないか?

[PR]元祖佐賀の乱は・・・
精町から佐賀の乱を読む


佐賀県としては・・・原口氏の代表は困るな。大混乱に陥る可能性があるもんな。

後任人事に関しては、民主党幹部の問題だけどね。

しかし、今回の小沢氏の辞任騒動は


初めから小沢劇場だったという感もあるばいね。

関連記事:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071104-00000913-san-pol




商社に丸投げ体質を改善


防衛省は、これまで商社に丸投げだった装備品の性能や価格に関する情報収集を、自身で行い、外国メーカーと直接折衝できる態勢を目指す事を発表した。

コレは、ある程度評価できると思うとります。

山田洋行の事件で、不正行為が問題になっとる。


商社に丸投げするなら、防衛省に装備品取得に関係する職員が3000人も必要なのは可笑しかと思うとです。

どんどん改革を進めて欲しかと思います。

だいたい、防衛専門商社なんてモノが仲介すること時点で変だと思うとですよ。

防衛って言葉に騙されないぞ!

ハッキリ言ってただの

 「武器商人」 

や無かとか!

そんな物騒な商人が、国家権力と癒着していたなんて・・・

考えてみたら恐ろしか話ばいね。


いざ、戦闘状態になれば、武器は飛ぶように売れる。

武器商人は武器を売るために、日本が戦争や紛争状態になる事を望みかねない。

武器商人と癒着した役人が、武器商人が商売しやすいように、日本が戦闘状態に陥るような言動をしたとしたら・・・

考え過ぎかも知れんばってん、可能性は無くは無いのではないか?


山田洋行事件について、たばこ屋のオッサンは「不正行為」に対しての怒りもあるのだが、一番危機感を感じるのはソコですばい。

武器商人の商売繁盛の為に、日本の平和が脅かされるのでは・・・

と、懸念するとです。


防衛・自衛の為に「ある程度の兵器」は必要ではあるだろう。

強大な兵器を確保する事は、他国からの攻撃に対する抑止力でもある。

そんな事は言われんでも解かっちょる。




しかしながら、武器商人と癒着されると困るったいね。

日本国自らが、戦闘状態を作り出してしまう可能性を否定出来んもんね。



山田洋行の不正行為があきらかになったが、


それは・・・


他にも、同様の防衛専門商社という名の「武器商人」が存在する事ば証明しとる。


競合する相手がいなけりゃ、接待なんかせんもんな!

競合相手より有利に商売する為の接待なんだから・・・


日本には、山田洋行以外にも、防衛専門商社という名の「武器商人」が存在し

不正行為で優位に立っていた山田洋行がいなくなり

「今度は、うちが・・・・」って考えとるやろう。


防衛省が、直接外国メーカーと直接折衝できる態勢が整えば、日本国内の防衛専門商社は打撃を受けよう。


たばこ屋のオッサンは商売人ですが、「武器商人」の行く末なんて知ったこっちゃ無い。

これまで国民の血税で、人の血を流す為の道具を売買し利益を得て来たんだ。

同情はしないぞ!



ただ・・・

外国の武器商人と防衛省の人間が癒着しかねない状況に陥る可能性も否定出来んばい。

防衛省は、今後防衛省の役人が、外国の武器商人と不正に癒着しないようシッカリ法整備する必要があると思うバイ。

防衛省が、直接外国メーカーと直接折衝できる態勢を整えるだけではイカン。

外国のメーカーとの癒着・不正防止の対策も並行して進めて欲しか。

【アンケートモニター募集!】カンタンアンケートでポイントGET!



引用:Yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071203-00000052-san-pol

防衛省は2日、防衛装備品の輸入調達の適正化に向け、担当部門の人員を拡充する方針を固めた。前防衛事務次官、守屋武昌容疑者の収賄事件で航空機など防衛装備品の輸入調達をめぐる防衛専門商社「山田洋行」の不正行為が発覚したのを受けた措置。これまで商社任せだった装備品の性能や価格に関する情報を自ら収集し、外国メーカーと直接折衝できる態勢を目指す。政府が3日に初会合を開く「防衛省改革に関する有識者会議」で、石破茂防衛相が問題提起する。

 石破氏は2日、フジテレビ番組「報道2001」に出演し、「商社に丸投げしてきた部分は直し、調達部門の人を増やさなければならない。定員が決まっている中で他の部分を削減していかなければいけない」と述べた。

 防衛省・自衛隊には装備品取得に関係する職員が約3000人いるが、輸入を含む調達を担当する装備施設本部の陣容は約600人。米国に駐在する連絡官は数人規模だ。調達に商社を介在させない仕組みが主流の米英仏各国は数万人規模の独立した装備品取得関連組織を持っている。

 ただ、調達部門の増員は「焼け太り」との批判を招く恐れがあることから、石破氏としては現行の防衛省・自衛隊の組織の見直しにより、定員を増やさない形で調達部門の充実を図る。

 3日の有識者会議ではこうした装備品調達のあり方のほか、文民統制や情報保全についても議論し、来年2月までに中間報告をまとめる。一連の不祥事を受け、官邸主導で防衛省改革を進めるのが狙いで、会議は町村信孝官房長官、防衛相と、五百旗頭真・防衛大学校長、南直哉・東京電力顧問ら7人の有識者で構成。




納得出来んぞ!



納得出来ん発言ばい。

公の場で発言しておいて、テレビなどのメディアに流しておいて、公約では無いって事は無かろうもん。

引用:Yahoo!ニュース
発言「意気込み」だった 舛添厚労相釈明「照合期限は公約にあらず」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071214-00000911-san-pol

 舛添要一厚生労働相は14日午前の記者会見で、社会保険庁のオンラインシステムの記録と手書き台帳の照合を「日本年金機構が発足する平成22年1月までに完了させる」と明言してきたことについて、「決意は決意。私がそう言っても予算措置をしないといけない」と述べ、発言は公約ではないとの考えを示した。
 舛添氏は会見で「過去のしがらみを断ち切って新機構ができたという形にしたい」とし、新機構発足までに手書き台帳約8億5000万件の照合を完了させたい考えを示したが、一方で実現には「税金や掛け金など国民の皆さんに負担を申し上げないといけない」と説明。「国民の理解が得られれば予算も付くのでやりたい」と強調したものの具体的な負担額の提示はなく、これまでの発言がただの“意気込み”でしかなかったことを露呈した。



たばこ屋のオッサンは、公約だと思っていたがな・・・・


公約である事を認めて

「公約しておりました期限につきましては、思った以上に必要な作業が多く期限内に終わらせる事が出来ない状況です。あと少しお時間を頂けないでしょうか?」


ってコメントだったら、

「そういう事情なら、多少の期限延長は認めざるを得ないですね。ただし出来るだけ早く照合を終わらせてくださいね。」って気持ちになると思うとばってん。


公約ではなく、ただの「意気込みだった」って事なら国民の不満は高まると思うばい。


ただね、たばこ屋のオッサンは

「意気込みでも公約でも構わんから、とにかく急いで照合してくれよ!」

って思うとです。


特に、現在受給資格のある人たち(お年寄り)の分は、早急に進めて欲しかばい。


そもそも、優先順位をつけて照合作業をするべきなんだ。


例えば、現在受給資格のある人たちの分は、2008年3月までに

50歳以上の人たちの分については2008年10月までに

40歳以上の人たちは2009年3月まで


って感じで、重要度を考慮した優先順位を決めて、国民に是非を問い、照合作業を始めるべきだったと思うとばい。



一般の企業ならそうするだろうし、マトモな思考回路の人なら同調するか、他に良い方法を提示してくれると思う。


仕事が納期限で終わらなかった経験は、普通に仕事していたら一度くらいは皆経験していると思うとです。

そもそも、時間に余裕のある仕事って少なかじゃ無かですか。
残業を繰り返して、ギリギリ間に合うようなボリュームの仕事を要求されとるとに、突発的な仕事を請けさせられてスケジュール変更を余儀なくされるって、普通に良くある話や無かですか。
きっと、理解してくれると思うとばってんね。


とにかく、言い訳やらしとる場合や無か。

早急に照合作業を進めて下さい。


あと、野党の議員さんも大臣を攻撃する事ばっかい考えとらんで

一刻も早く照合作業の終わるごと、協力する姿勢ば見せんね。

その方が、国民の為になるばい。



それから、ブログやってる人に提案です。

ブログやりながら、アフィリエイトでお小遣い稼ぎしてる人って多いと思うとですが、
NTTの「Myアフィリエイト」って参加してますか?

ASPとしては後発組ですが、なんせ天下のNTTですからすぐに他のASPに追いつくと思うとです。

いまなら、1クリック50円って広告がありますばい。

もちろん他のASPと一緒で、無料で参加できるし、プログラムもどんどん増えとりますばい。

おすすめのASPです。
しかも、バナーを貼るだけで先着1万名様に2000円がもらえるチャンス!



男屋本舗
在宅ワーク

橋下弁護士・・・・府知事選の前に



今回、大阪府知事選挙に立候補する橋下弁護士ですが・・・

なんと・・・橋下弁護士の「懲戒請求発言」の事で、逆に懲戒請求されたようです。


引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071217-00000960-san-soci

 大阪府知事選への立候補を表明している弁護士の橋下徹氏(38)が、平成11年に起きた山口県光市の母子殺害事件の裁判をめぐり、被告弁護団の懲戒請求をテレビ番組で視聴者に呼びかけたことに対し、全国の市民ら約340人が17日、「刑事弁護の社会的品位をおとしめた」として、橋下氏の懲戒処分を所属先の大阪弁護士会に請求した。
 懲戒請求書によると、殺人などの罪に問われている被告の元少年(26)=広島高裁で差し戻し控訴審が結審=の主張を弁護団が擁護することについて「刑事弁護人として当然の行為」と主張。橋下氏の発言は弁護士法で定める懲戒理由の「品位を失うべき非行」などにあたるとしている。
 橋下氏は、5月27日放送の「たかじんのそこまで言って委員会」(読売テレビ系)で、元少年の弁護団が1、2審での主張を上告審以降に変更し、殺意や婦女暴行目的を否認したことを批判。「もし許せないと思うんだったら、一斉に弁護士会に懲戒請求をかけてもらいたい」などと視聴者に呼びかけた。
 懲戒請求に対し橋下氏は「特定の弁護士が主導して府知事選への出馬を表明した時期に懲戒請求したのなら、私の政治活動に対する重大な挑戦であり、刑事弁護人の正義のみを絶対視する狂信的な行為」とコメントした。



たばこ屋のオッサンは、橋下弁護士の「懲戒請求」発言は、

裁判制度に無知であった国民に、「弁護士を訴える事も出来るんだよ!」という事実を教えてくれた発言って思うとる。

このブログでも随分取り上げてきたが、その気持ちは変わっとらん。

光市事件の被告弁護団に対して、多くの国民が不快感以上のモノを抱いていたから、あんな凄まじい数の懲戒請求が出されたっちゃろうもん。



>刑事弁護の社会的品位をおとしめた


って・・・・オイオイ!


確かに、国選弁護だったなら自分の考えより、依頼者の利益を最優先するべきやろうばってんね、あの弁護団は、自分の意思で集まったとや無かとかい。


国選弁護なら、十数人の弁護団ってならんやろう。

自分たちの意思で、自分たちの弁護方針で弁護しとったとやろうもん。

そいが、あまりにもメチャクチャな答弁であったが為に、著しく国民感情を悪くしたっちゃないとかい。

橋下弁護士vs光市裁判被告弁護団


しかもだなあ


>刑事弁護の社会的品位をおとしめた

が懲戒理由なら、なんで「懲戒請求」発言の直後に懲戒請求せんのだ?



対立候補支持者の嫌がらせか

懲戒請求された弁護団の仕返しか


どちらかやろうね。


まあ、橋下氏の府知事選出馬については・・・・

たばこ屋のオッサンとしては、どうこう言えんな。


府知事を選ぶのは府民だから、九州に住むオッサンにはなんとも言えん。


しかし、タイミングを全く考えて無い懲戒請求の訳が


対立候補支持者の戦略だったら、このタイミングもうなずけない事はないばい。

違うかも知れんけどね。



ドロ試合の様相を呈してきた大阪府知事選の結末は・・・・


薬害肝炎訴訟の争点って・・・



原告と被告の薬害肝炎についての争点が一致して無いんじゃないんか?

原告は、一律救済を求めているが、金額に拘っているようには見えんばい。

被告(国)は、一律救済には賠償額は約1800億円にのぼると試算している。


引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071218-00000090-san-soci

 薬害肝炎訴訟の和解交渉で、国が、原告団が求める「一律救済」を受け入れた場合、約1万2000人が対象となり賠償額は約1800億円にのぼると試算していることが17日、分かった。

 国が和解交渉の中で、一律救済を拒み、血液製剤の投与時期を限定して責任を認めようとする背景には、試算ではじかれた莫大な額がある。原告団の主張とは大きく離れたものになっており、和解交渉が難航する一因となっている。

 関係者によると、1万2000人という数字は、汚染製剤の出荷量や感染率などから割り出した感染者の推定人数。全員が救済を求めて訴えを起こす可能性を想定して試算をしたとみられる。

 また、国側は、汚染血液製剤と並行して、輸血を行ったことで肝炎に感染した患者まで和解対象とした場合も試算。対象者は3万8000人、賠償額は5700億円と計算しているという。

 一方、肝炎訴訟の原告団は、「国側が想定しているような膨大な数の提訴者が出ることはありえないし、輸血が原因の肝炎患者が和解対象となることも考えていない」と反論している。

 原告団は17日、和解骨子案に対する「修正案」をまとめた。その中で、従来主張している一律救済を前提の上で、和解対象となる患者について、「原告被告双方の協議によって、カルテや母子手帳などを証拠に汚染製剤の投与を証明する」といった認定基準を盛り込んだ。

 原告団が、和解条件を文書にまとめるのは初めて。修正案を18日に大阪高裁に提出するとともに、福田康夫首相の政治決断を文書で官邸に要請する。

                   ◇

 ■肝炎和解交渉をめぐる主張の相違

【国:時期を限った救済を主張】

・フィブリノゲンは投与時期によって感染リスクの高低がある

・5地裁判決に全員一律救済を認めたものはない

・一律救済すると1800億円、輸血による感染者も想定すると5700億円になる可能性がある

【原告:一律の救済を主張】

・カルテなど、薬害被害者の認定基準をつくれば、和解対象が膨大な数になることはあり得ない。原告が金額を主張したことはない

・投与時期により救済に差をつけるのは命の重さに差をつけることになる




たばこ屋のオッサンが要約すると・・・

原告 「一律救済して欲しか」

被告 「一律救済したら1800億円必要かけん無理!」

って事になる。

一見、会話として成立してるかに見えるばってん。

よく読むと・・・・



原告側は、金額に拘りを持っているわけでは無い、一律救済という・・・・

なんだろう?安心というか・・・国の責任というか?

たしかに、原告の一律救済に拘る理由がハッキリせんなあ〜。

オッサンが勝手に推測すると・・・

金額の大小では無しに、「薬害肝炎の患者には、国が一律救済します」という約束が欲しいんだと思うばい。

薬害である以上、薬を認可した国が己の非を認め、薬害肝炎の患者全員に対し誠意を見せてくれってことなんだろう。
今後の治療費が心配なのは当然だと思うバイ。


それに対して、被告(国)の主張は的を得ていない。

原告が金額の大小に拘りを見せていない以上、1800億円という試算の正当性は完全に否定される。

要求額がハッキリしとらんとやっけん、いくら必要か?って計算出来んけんね。


医療被害にあったとき

医療と裁判



もっと、争点を一致させるようにせんと、収集んつかんばい。


ちなみに1800億円が国にとって大きな負担になるのか、ならんのか?

って疑問が残るんだけど・・・・


多分、国の屋台骨を揺るがすような金額じゃ無かと思います。

もし・・・1800億円が国に多大な負担をかける金額なら

山田洋行の不正請求なんてど〜なる。

水増し請求なんて、1回や2回の話じゃなかろうもん。

他の不正も含めて、ぜ〜んぶ計算したら、1800億程度では済まないんじゃないか?

不正が立証された業者の代表者や幹部と、不正に関わった官僚(OBを含む)は、皆死刑にしなければイカンごとなるっちゃないか?


1800億円が惜しいけん、一律救済に難色ば示しとるとなら、それ以上の損害を故意に与えた奴らは死刑に相当せんか?

極論かも知れんばってん、原告が命の重さを争点にしとる以上、1800億円必要かけん一律救済は出来ん!と主張するって事は、1800億以上の損害を故意に与えた人たちの罪が死刑に相当するって事にならんやろうか?

同じ一つの命なんだから・・・


政府のお偉いさんたちが・・・・



町村官房長官についで、石破防衛相までUFOについてコメントをした。

あくまでも、可能性が無いと言えない以上、考えておく必要があるのではないか?

って論調だけど・・・・


引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071220-00000945-san-pol

石破茂防衛相が20日午前の記者会見で語った、未確認飛行物体(UFO)に関する発言の詳細は以下の通り。

「UFO(の質問)は出ませんでしたね。再開しようか?」

−−UFO論議が注目を浴びているが、ご所見を

「存在しないと断定できる根拠がない。個人的に信じる、信じないの問題はあるのだろうが、そういうような未確認飛行物体、それを操る生命体が存在しないと断定しうる根拠はない。防衛省としてというよりも、私個人の話だが、存在しないと断定し得ない以上、いるかもしれない。少なくともないと断定するだけの根拠を私は持っていない。そういうものはあり得るだろうということだと私は思う」

−−その場合、防衛力のあり方への影響は
「ゴジラの映画があるが、ゴジラでもモスラでも何でもいいのだが、あのときに自衛隊が出ますよね。一体、何なんだこの法的根拠はという議論があまりされない。映画でも防衛相が何かを決定するとか、首相が何かを決定するとかのシーンはないわけだ。ただ、ゴジラがやってきたということになればこれは普通は災害派遣なのでしょうね。
 命令による災害派遣か要請による災害派遣かは別にしてですよ、これは災害派遣でしょう。これは天変地異の類ですから。モスラでもだいたい同様であろうかなと思いますが、UFO襲来という話になるとこれは災害派遣なのかねということになるのだろう。領空侵犯なのかというと、あれが外国の航空機かということになる。外国というカテゴリーにはまず入らないでしょうね。

 航空機というからには翼があって揚力によって飛ぶのが航空機ですから、UFOが何によって飛んでいるのか、色んな議論があるのでしょうけど、それをそのまま領空侵犯で読めるかというとなかなか厳しいかもしれない。そうなってくると、これは飛翔体なのかねということになるとするとどうなのか。例えば隕石(いんせき)が降ってきたことと同じに考えられるか。隕石は自然現象だから何の意思もなく降ってくるわけですが、UFOの場合は意思なく降ってくるわけではない。これをどのように法的に評価するのかということもある。そうすると災害派遣が使えるのか、領空侵犯でもなさそうだ。そうすると防衛出動かねということになるが、それをわが国に対する急迫不正な武力攻撃と考えるかというとそうはならないだろう。
 UFOが襲来して、色々な攻撃を仕掛けるということになれば、そういう評価も成り立つのだと思うが、『地球の皆さん、仲良くしよう』と言って降ってきたときに、それはわが国に対する急迫不正な武力攻撃でも何でもない。また、何らかの意思が伝達されたときに何を言っているかよく分からないという場合に一体、どのようにわが方の意思を伝達するのだということもある。当省として、こういう場合にどうするかという方針を固めたわけでも何でもない。これは私個人の話であって、私は頭の体操という言葉はあまり好きではないが、色んな可能性は考えておくべきものだ。
 ある日突然にそういうことが起こって、どうするのかというのもあまり望ましいことではない。省として取り組むことは全然ないが、私自身として、一体どうなるのかということは考えてみたいと思っている。そのときに日本だけ襲来するかというと、世界あちこちに襲来するでしょうな。そのときに国連でそういう議論が行われたかというとあまり承知していない。まだ、存在しないと断定し得うる根拠がない以上は、やはり頭のどこかに置いておくべきなのではないのかなと。当省としてそういう方針を決定したということでは全くありません」



常に最悪の事態にも対応出来るように準備を怠らないのが、危険予知、緊急対策の基本やろう。頭の片隅において置く必要はあるのかな。


現在、有閑男爵が確認している『UFO』は・・・






これなら対策の必要はないぞ!

お湯をいれて、3分待つ。
お湯を切って、ソースをかけて、混ぜ合わせる。
お好みでふりかけを使用して、食べる。


焼そばUFOの対策で、コレだけの文章が必要なのに・・・

未知の物体の対策って、凄い分厚い対策レポートになりそうばい。



しかし・・・

政府の偉いさん達が、立て続けにUFOについてコメントすると・・・

「オイオイ!ナンかUFO対策を早急に行うべき事態に陥ったんじゃないか?」

って不安になるやろう。


超常極秘ファイル未確認飛行物体UFO編

【期間限定27%OFF!】謎の円盤UFO COLLECTOR’S BOX(2)

未確認飛行物体の科学的研究(第1巻)


例えば、他国の軍事飛行物体のあるったいね。

他国の飛行物体でも、どこの国の物なのか?一体ナンなのか?って事なら、

未確認飛行物体(UFO)って事だろうから・・・・

そんな何かが、日本の領空を侵犯した可能性が考えられるばい。


政府が混乱を避けるため(なにか別の話題を隠す為)に、作為的にこんな話題を提供している可能性だって、否定出来んばい。


深読みしすぎかなあ?


まさか、本当に地球外の生命体から、イキナリ降伏を勧告されたって事は無かやろう。


ばってんが・・・

こう立て続けに、非現実的なコメントを政府の偉いさんがだせば

変に勘ぐってしまうばい。



我々がまだ知らない「何か」が起こっちょる!

と考えるべきかも知れんね。

ただのオチャラケとは思えんとやけど・・・・


杉村太蔵氏は、公認得られず・・・・



杉村太蔵氏は、自民党北海道1区の自民党公認が得られず・・・

どーなる?


引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071227-00000032-mai-pol

次期衆院選に向け候補を選定していた自民党北海道1区(札幌市中央、南、西区)支部選考委員会は27日、YOSAKOIソーラン祭り組織委員会専務理事の会社役員、長谷川岳(がく)氏(36)を公認候補として党道連へ推薦することを全会一致で決定した。

 最後まで選考に残っていた道内出身の現職、杉村太蔵氏(28)=比例代表南関東ブロック=は選ばれなかったが、党本部サイドには杉村氏を推す動きもあり、調整が難航する可能性もある。

 選考委には1区暫定支部長の今津寛党道連会長も出席し「自民が団結すれば民主に勝てる。地元の意思を十分に尊重して(公認の)手続きを進めたい」と述べた。

 杉村氏は11日、記者団に「無所属でも1区から立候補する」と宣言しているが、今津氏は「決まった以上は説得するしかない」と話した。ただ、「調整には時間がかかる」と含みを持たせた。

 長谷川氏は選考委での決定後に会見し、「民主の横路(孝弘)さんは尊敬すべき政治家だが、そろそろ私たちの世代に交代してもらいたい」と意欲を語った。27日付で祭り組織委員会専務理事を辞職し、会社役員の職も1月で辞する意向を示した。






なんだか気の毒だと思うとは、たばこ屋のオッサンだけだろうか?

確かに、1年生議員でたいした活躍はしとらんけど・・・・

1年生議員が活躍出来るほど、政治の世界は甘くなかろう。


マスコミにのせられて、調子に乗ってヒンシュクを買ったりしたしなあ〜。

自業自得かも知れんな。


無所属で出馬して、勝っちゃえばよかとばってん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・



・・・・


面白いんじゃないですか?

自民党の公認候補を破って勝っちゃえば、杉村太蔵は実力ある政治家だって内外にアピール出来るぞ・・・・。

茨の道ではあるばってん。



勝算については・・・・


なんとも言えんが、ある意味チャンスばい。

杉村太蔵は、ただの小泉さんの捨て駒では無い!

参院選大敗の自民党の公認なんか

『いらんばい!』

って気持ちで頑張れば、もしかしたら何とかなるかも知れんバイ。


あくまでも、ダメ元でって事ばってんね。


そりゃそうかも知れんけど・・・



あなたの人生を変える恋とは? 性格分析が導く恋愛ストーリー


⇒サイズアップ・ペニス増大商品の詳細・購入はこちら!


そりゃそうかも知れんけど・・・本当にそれで大丈夫かどうか?

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071228-00000214-yom-pol

民主党の小沢代表は28日、衛星放送「BS11」の番組収録で、自民党との連立政権構想について、「民主党の人に『政権とはこういうものだ』『政治とはこういうものだ』という(実体験を積ませる)訓練の場になる。『一石三鳥』で、(次期衆院選後は)民主党の本格政権は間違いないと思った」と振り返った。

 そのうえで、「(民主党の)年金の法案も、農業の法案も参院を通過して衆院に送られたが、野ざらしになっている。(連立参加の)政策協議で『やる』となっていれば、実現していた」と述べた。



たしかに、民主党が立てた法案は通り易くなったやろうし

政権政党としての訓練も必要やろう。


「一石三鳥」っていうのは本当やろうね。



ばってんが・・・

本当に民主党の実力って、それほど期待できるものなんやろうか?

どがん贔屓目に見たっちゃ、民主党の議員さんの大半は

「自民党に反対派」の人たちの票で当選したが

決して「民主党支持派」の票とは思えんっちゃんね。


自民党の政策に不満な人たちが押しているだけで・・・・

政権が逆転して、自民党の強行採決が通らなくなったら

民主党の議員さんも輝きを失ってしまうと思うったいね。



月は自力で輝いている訳では無い。

太陽の光の反射に過ぎない。


民主党の大躍進も、民主党の輝きではなく

自民党の強引な政治の反射に過ぎないと思うバイ。


別に、民主党をくさしているつもりは無いとばってん。

現実には、やはり・・・・自民党の強引な政治手法が無くなれば

民主党が自ら輝く事は難しかろうと思う。



また、自民党と大連立となれば、反自民がアピールポイントの民主党の議員さんの半分以上が、支持者を失ってしまいかねんばい。


いつまでも、反自民の野党第一党ではイカンと思うばってん。

現時点では、反自民強調路線で野党第一党をキープする事が、民主党には得策やないとやろうか?


マスコミは「民意」を連呼しているけど・・・

今の「民意」を具体的かつ的確に表現できる政治家や関係者、およびマスコミ関係者って日本に存在するのか?


たばこ屋のオッサンには、「民意」がナンなのか?

ワカランっちゃんね。

官僚の不祥事が多くて、クリーンな政治や行政を望む気持ちは持っとるが、立法府に対する民意とは言えんもんな。(これはあくまでも当たり前の話だしね)


少しだけ安心した





薬害肝炎訴訟の問題ですが・・・・

たばこ屋のオッサンは、決して手放しで喜べる状況では無いと思うとるバイ。


引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071228-00000015-yom-pol

自民、公明両党の「与党肝炎対策プロジェクトチーム」(座長=川崎二郎・元厚生労働相)は28日、薬害C型肝炎の被害者を一律救済する法案骨子を正式決定した。

 薬害C型肝炎訴訟の原告側との協議での合意に基づくもので、野党各党も同法案に基本的に賛成する考えだ。

 今国会中の成立は確実で、同訴訟は全面解決に向かう。法案は1月9日にも成立する公算だ。

 政府と原告側が正式和解する際に交わす「基本合意書」骨子も決まり、厚労相が第三者機関を設置し、薬害肝炎事件の検証を行うことなどが盛り込まれた。

 被害者への給付金に充てるため国と製薬会社2社が拠出してつくる200億円規模の基金は、独立行政法人「医薬品医療機器総合機構」に設ける。製薬会社に拠出を強制できないことから、国が全額立て替えることとし、被害者の早期救済を優先した。


憲法と行政救済法

厚生省薬害史



ある程度は評価出来ると思うばってん、これまでも何回でちゃ裏切られた原告団の心中も似たようなものだと思うバイ。

期待させておいて、その次に失望・絶望の連続やったもんな。


今回は、他の野党も賛成のようだが、実際に救済が決まるまで安心してはイカンと思う。


九州原告の福田衣里子さんは「やっと報われた」と喜びを語ったが、
「薬害肝炎の認定を受けられない人もおり、患者約350万人の医療費助成を求めていきたい。まだもろ手を挙げて喜べるわけではない」と感想を語っている。


もちろん、たばこ屋のオッサンも「良かったですね!」って思うとばってん

原告団が一律救済を求めているが、一律救済の境界線(どこまでが救済の対象になるのか?)かが、ハッキリされていない。


薬害と認定されていない患者さんの救済は???


今回の報道で、安心できた原告の人たちもいれば、まだまだ救済の範囲を広げるべきだと考えている人もいると思うばい。



政府から出された骨子案については、一応の評価をしますが

まだまだ、戦いはこれからやろうねって思うバイ。


ただ・・・一歩前進したことで、原告の皆さんが絶望のなかで年越しせずに済んだかな。


たばこ屋のオッサンは、この件も気になっている。

>製薬会社に拠出を強制できないことから、国が全額立て替えることとし、被害者の早期救済を優先した。

もちろん早期救済が大切だから、国が全額立て替える事には賛成ですから、今後の事でいいんですが

製薬会社に拠出を強制出来るようにしてほしい。

今後、薬害被害者を出さずに済むように、製薬会社に救済の責任を負わせる事は大切だと思うとです。

強力な抑止力になると思うとですが・・・・




橋下弁護士・・・・こんな事で大丈夫か?



橋下弁護士!橋下候補?ドッチでもいいけど・・・

こんな事で大丈夫なのか?

タレントとしては、マネージャーとか上手く立ち回ってくれるやろうけど・・・

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080106-00000000-dal-ent&kz=ent

27日投開票の大阪府知事選に出馬表明している弁護士でタレントの橋下徹氏(38)が、告示前の街頭演説を行えない可能性が高いことが5日、明らかになった。
 理由は、演説時に必要な道路使用許可が同日までに下りていないため。申請から交付までの日数は通常、行政庁の休日を除き7日間。告示前に演説を行うためには、12月28日までに申請しておかねばならなかった。
 橋下氏は「なるべく街頭に出て、皆さんに直接語りかけたいんですが…」と苦笑い。使用許可については、申請したか否かさえ不明という。「テレビと違い、味方を作るために話すのは難しい」という橋下氏。選挙戦本番前に“予行演習”ができなくなるとすれば、想定外のアクシデントだ。
 同知事選には大阪大大学院教授の熊谷貞俊氏(62)=民主、国民新推薦、弁護士・梅田章二氏(57)=共産党推薦=も立候補を表明している。






自民党大阪府支部連合会も、ちゃんと教えんやったとやろうか?

なんだか・・・・気合が足りんばいね。

まあ〜街頭演説っていっても、道路でやらなきゃ良かとやろ!

移動には電車を使って、駅前の駐車場とか、広場・公園でやりゃ良かやん。

国道などの幹線道路が使えんだけで、他の公共施設などでは出来ん事はなかろう。

ようは、道路交通法の網を掻い潜れば、公職選挙法には引っかからんちゃなかろうか?

記事ほど大事では無いと思うが・・・・・府民が

「なんばしよらすっちゃろか?こん候補さんは・・・・」

って、呆れられなければいいけどね。


応援していた人は、きっと呆れてるやろうね。










calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
広告
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM