<< 台風19号の直撃は免れたばい! | main | ジンベイザメが死亡されました >>

スポンサーサイト

  • 2014.11.27 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


危険予知やリスク管理にはある程度のマージンが必要ばい

JUGEMテーマ:ニュース

どんな事にでも安全マージンは必要ばい。
たばこ屋のオッサンはJR西日本の対応は正しいと思うばい。

台風19号 全線予告運休に批判も JR西「安全代えられぬ」
JR西日本は台風19号の通過を見越し、13日午後4時すぎ、前日の予告通り京阪神地区の全24路線を運休させた。同社は初の措置に「安全には代えられない」と説明するが、「13日の状況を見て決める」とした大手私鉄と判断が分かれた。危機管理の専門家からは「一律に止めたのが正しかったのか」との批判もある。
大阪駅では13日午後4時25分ごろ、最後の電車が出発。その後、全線運休を知らせる張り紙が掲示され、駅を閉鎖した。大阪市城東区の会社員男性(34)は「危ない運転よりはすべて運休の方がいい。JRは思い切った判断をした」と賛成する。実家の宮崎県から戻る途中だった大阪市都島区のアルバイト今村聡師さん(32)は「他社線は動いており、当日の状況をみて柔軟に動いてほしかった」と疲れた様子で話した。
JR西では、昨年7月の豪雨で山口線の橋が流失。今年8月の広島土砂災害でも可部線が冠水しており、広報部は「台風が近畿を直撃して被害が大きくなると判断し、空振りしてでも止める方を優先した。ご理解いただけるはず」としている。
危機管理コンサルタントの田中辰巳氏は「公共交通機関としての運行責任もある。路線によって危険性も異なり、すべて止めた判断はどうだったか」と疑問視する。その上で「自治体も避難勧告を出すタイミングなどで批判を恐れた対応をしている。社会通念に照らして妥当かどうか検証すべきだ」と指摘した。

事故が起きてからでは遅いんだから、全てのリスクに安全マージンをとるのは当然。

そして運行に責任が持てないんだったら、バッシングを受ける覚悟で運行中止にするべきばい。

今回のJR西日本の判断は正しい。以上!!


スポンサーサイト

  • 2014.11.27 Thursday
  • -
  • 16:44
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
sponsored links
広告
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM