<< 木曽の御嶽山が噴火! | main | 被害者の告訴なしで強姦罪を適用するのは難しいっちゃなかろうか? >>

スポンサーサイト

  • 2014.11.27 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


国家公務員のフレックスタイム制について

JUGEMテーマ:ニュース
こういう試みは賛成ばい!

国家公務員、フレックス制に…来年にも法改正
政府は、勤務時間を柔軟に決められる「フレックスタイム制」を国家公務員に導入する方向で検討に入った。
安倍内閣が掲げる女性活躍を促進し、育児・介護とキャリアアップの両立を目指す職員を後押しする狙いがある。勤務時間法などの改正を来年中にも行いたい考えだ。
現在、国家公務員はフレックスタイム制を定めた労働基準法が適用されていない。このため、育児などでフルタイム勤務が難しい場合、「平日1日あたり約4時間勤務」などの短時間勤務制度を利用するケースが多い。だが、同制度については「子どもが小学校に入学するまでしか取得できない」「昇進に不利になる」などの不満が出ていた。
フレックスタイム制が導入されれば、一定期間の総労働時間をあらかじめ定め、その枠内であれば出勤や退庁の時間を自由に決められるため、帰宅時間を早めて夕方以降は育児や介護に充てることが可能になる。また、長時間勤務する期間と、短時間勤務する期間を自分の裁量で決めることもできるようになる。


公務員(特に女性)の勤務時間をフレックスタイム制にする事は重要ばいね。
特に都市部の場合は、交通機関の混雑緩和にも繋がりそうばい。

混雑が緩和されたら痴漢やら痴漢冤罪やら反社会的な事件も減少すると思うばい。

スポンサーサイト

  • 2014.11.27 Thursday
  • -
  • 04:29
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
sponsored links
広告
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM