<< ネットでレシピ検索 | main | 国交省と厚労省は問題山積! >>

スポンサーサイト

  • 2014.11.27 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「安易に」の一言で印象が変わる

藤井財務相が「安易な円安政策はとらない」と発言しましたね。

YOMIURIONLINEの記事タイトルは、【「円安政策とらない」藤井財務相、米に約束】となっているので、誤解を与えかねない表現ばい。

円安政策を取らずに円高になれば、輸入品が安くなるなど内需振興に寄与しやすいとの見方があることについて、藤井財務相は「そういう意図した為替政策は取らない。為替市場は自由経済の牙城で、安易に公が介入するというのはどうかと思う」との認識を示した。
一部引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090925-00000397-yom-bus_all

「安易に円安政策をとらない」と「円安政策とらない」では、印象が全然違うと思うのだが・・・

たばこ屋のオッサンは「経済に公が関与すれば、結果はろくな事にはならん。」と思っているので、円安政策の否定は問題とは思わんけど、発言を正確に報道する必要はあると思う。

「安易に」の一言を付け加えるだけで、印象が変わってしまうことなどは、記者なら理解していると思うし、重要視するべきなんじゃないかと思うばい。

日本のマスコミは、一言の有無で印象が変わるという事を、もっと真摯に考えるべきじゃないかと思うばい。

スポンサーサイト

  • 2014.11.27 Thursday
  • -
  • 17:54
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
sponsored links
広告
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM