<< 死の天使 | main | 亀田兄弟の今後! >>

スポンサーサイト

  • 2014.11.27 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ウナギの事実???

大丈夫なのか?土用丑の日にウナギが食えるのか?

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070728-00000020-maip-soci

30日は「土用の丑(うし)の日」。安価な中国産ウナギの安全性が揺らいでいるのに加え、欧州産稚魚の輸出規制もある。今年は、販売量や値段に影響はなさそうだが、来年以降の価格上昇や品薄を心配する声も出始めている。【野島康祐】
 養殖ウナギの市町村別生産量で日本一の愛知県一色町の「一色うなぎ漁協」には今月初旬、県内や静岡、三重の加工ウナギの卸売り業者からの電話が相続いた。「中国産が使えずウナギが足りない」という内容で、組合は「年間計画に基づいて出荷している」と断った。
 だが、丑の日については、大手スーパーのジャスコを運営するイオン、イトーヨーカ堂のいずれの広報担当者も「この時期は国産の需要が高まるため、元々国産を多く用意しており、数量に問題はない」という。また、価格についてもイオンは「昨年と同じ」と話す。
 日本は世界のウナギの7割を消費し、その約8割を輸入に頼る。財務省貿易統計(06年)によると、中国産は輸入された加工ウナギ約3万5000トンのうち96.2%、一匹モノの活鰻(かつうなぎ)約2万トンの55%を占める。国産は天然、養殖ともに年々、水揚げが減っており、中国産の安全性が日本に与える影響は大きい。
 一方、ワシントン条約国会議が6月、ヨーロッパウナギを絶滅の恐れがある種と認定して、稚魚の輸出規制を決めた。欧州から日本への稚魚の輸出は少ないが、中国へは多く、今後、品薄へつながる可能性がある。
 創業202年のウナギ料理店「明神下 神田川本店」(東京都千代田区)の神田茂社長(56)は「品数を考えたら今後、国産の価格は上がるだろう。うちは国産しか使っていないので、来年以降どうなるか心配」と話す。



国産のウナギは、今後高騰するだろうって事ですか。

中国産は怖くて食えないし、コチラも値上げはするでしょう。

とりあえず、今年は何とか食べられそうですね。

日本は世界のウナギの7割を消費するらしいけど、よその国の人たちって、あまりウナギ食べないんですね。

しかし、本気でウナギの繁殖を研究しないと・・・食えなくなる日が来る事になるね。






スポンサーサイト

  • 2014.11.27 Thursday
  • -
  • 19:51
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
こんにちわ。
中国などへの養殖の委託が減る+海外物への不信が続き国産の需要が高まる、
というあたりから来年以降はどちらも高騰するという話ではないですかね。
全体的に食べる量を減らせばいいのだと思いますけど。。
  • みみみ
  • 2007/07/29 3:40 AM
みみみさん コメントありがとうございます

確かに世界のウナギ消費量の7割を日本人が食べているので、日本人がウナギ消費量を減らせば、極端に不足する事は無いと思いますが・・・ただ、ウナギの人工繁殖が出来れば、そんな心配もしなくて済むし・・・安価な国産ウナギが食べれると思います。

稚魚に輸出規制が掛かったから、価格が高騰するのは避けられないと思います。
  • 2007/07/29 4:18 AM
コメントする









calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
広告
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM