<< 偽者 | main | ナンバいよっちゃろか・・・この男! >>

スポンサーサイト

  • 2014.11.27 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


平成の日本で人身売買?

平成の日本で人身売買なんて・・・

このニュースを見たときは、一瞬我が目を疑いました。

中国の記事かと思ったら・・・日本だったなんて、言葉がありません。

日本人が日本人を外国人に売り飛ばす事は、昔は良くあったことなんだそうです。
日本の各地に『唐ゆきさん』の話は残っています。
人道的には絶対許せない事だけど、各地で貧しい地域の娘さんが口減らしやわずかなお金のために売られていったんです。悲しいお話を思い出しました。
過去の悲しい出来事を、二度と繰り返す事のない世の中になって欲しいのに・・・

どうすればこんな悲しい事件が世の中からなくせるのでしょうね。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070723-00000043-mai-soci

 栃木県警組織犯罪対策課などは23日、栃木県真岡市西郷、住吉会系暴力団員で風俗店経営、栗原渉被告(26)=逮捕監禁致傷罪などで公判中=と同県小山市小山、韓国籍の風俗店経営、李民英(イミンヨン)被告(38)=売春防止法違反の罪で起訴=ら4人を人身売買容疑で再逮捕したと発表した。一昨年の刑法改正で人身売買罪が設けられた後、日本人が被害者となった人身売買事件の立件は全国初。
 調べでは、栗原容疑者らは2月18日ごろ、同容疑者が経営する小山市内の風俗店で働いていた従業員の女性(21)を、同市の別の風俗店などを経営する李容疑者に約150万円で売り渡し、李容疑者は売春させる目的で女性を買い受けた疑い。
 同課などが2月、李容疑者が経営する風俗店内に軟禁状態だった女性を保護した。栗原容疑者は、女性の無断欠勤などを理由に架空の借金を背負わせたが、支払いを断った女性は店から逃走。女性を連れ戻した栗原容疑者は、李容疑者に売り渡した。4人はいずれも容疑を認めているという



スポンサーサイト

  • 2014.11.27 Thursday
  • -
  • 02:21
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
未だに傷は消えない
死にたいのに何度も病院で目が覚める
また発見されちゃったんだって…

奴等は刑務所で時間を過ごして出てくるだけ。
それで罪を償ったなんて、言わせない。

私と同じ痛みを味わってもらいたい。
それが無理ならば私がころす
  • 被害者
  • 2009/12/28 11:13 AM
被害者さん コメントありがとう。

辛い過去を書き込むとは勇気のいったやろうね。
たばこ屋のオッサンは男やけん、貴女の心の傷がどんなモンか想像すら出来んばってん、まだ若いとやろ?
復讐やらツマランばい。
犯人達が許せん気持ちは、当然の事と思うばってん、犯人が死のうが生きろうが、アンタの気持ちは治まらんとやなか?
物騒な事は考えんで、今日から未来に希望ば持てるような生き方ばして欲しかと思うばい。
他人事んごて感じるやろうばってん、オッサンに言えるとは「過去は修正出来んけん、出来ればこれからの事ば最優先に考えて欲しか」って事だけばい。
しょうも無い連中のために、傷付けられた心は癒せんやろうけど、残りの人生まで棒に振る必要は無いと思うばい。
ごめんな!こげなありきたりの事しか言えんばい。
  • たばこ屋のオッサン
  • 2009/12/28 1:54 PM
コメントする









calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
広告
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM