スポンサーサイト

  • 2014.11.27 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


東海地方で「マグニチュード6.5」の地震

11日に発生した東海地方の地震について、気象庁は震度6弱と発表していたが、分析を進めた結果、マグニチュード6・5と発表しました。

 前エントリで、台風の進路にあたる地域の人は台風情報に注目してくださいと呼びかけていましたが、まさか地震が来るとは・・・

台風の場合は、台風情報をみて事前に準備が出来るばってん、地震は予期せぬときに起きるもんやっけん、事前に準備やら出来んもんね。

大規模な地震が発生したばってん、東海道新幹線は午前8時ごろ運転を再開したそうですばい。

被災者の方に、心からお見舞いを申し上げますとともに、現在接近している台風9号の吹き返しにも注意してください。

また、余震も続くと想定されますので、台風&余震に注意が必要ですばい。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090811-00000520-san-soci
 11日早朝に発生した駿河湾沖を震源とする地震の影響で、始発から運転を見合わせていた東海道新幹線が、午前8時から運転を再開した。

 JR東海によると、この日の午前7時半過ぎに線路の点検を終了。午前8時から速度を時速70キロに落とした上で、運転を再開した。安全が確認でき次第、速度を上げるという。東京、名古屋、新大阪の各駅では、いずれも約120分の遅れが生じている。


台風18号が上陸しそうです

台風18号が、日本に上陸する可能性が高くなったようです。

どうやら、台風18号が上陸するのは8日ごろのようですね。

台風の時は、風に注意しないといけませんが、大雨による水害にも注意が必要ですばい。

台風が接近したら、外出を避けてラジオやテレビの情報をマメにチェックしましょう。

最悪の事態を想定し、ラジオや非常食、ロウソクや懐中電灯など、事前に準備出来るものは準備しましょう。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091006-00000030-jij-soci
 猛烈な台風18号は6日午前、沖ノ鳥島近海を北上した。強い勢力を保ったまま、8日には西日本から東日本に接近、上陸する恐れがあるとして、気象庁は注意を呼び掛けている。
 18号は6日午前9時には、沖ノ鳥島近海を時速約25キロで北北西へ進んだ。中心気圧は930ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。半径150キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。
 今後進路を北寄りに変えながら北上し、7日未明から明け方にかけて、南大東島へ最接近する見込み。
 沖縄地方と奄美地方ではうねりを伴って波が高まり、6日夜には6メートルを超える大しけとなる。


台風の被害は、台風から遠く離れた場所でも発生する

台風18号は、近畿以東の日本列島を縦断するような進路を進みそうですばい。

東海・関東・東北に住んでいる人たちは警戒が必要ですばい。

また、台風が通過しても、吹き返しの強い風が吹く事があるので、台風が通過しても油断しない事が大切ですばい。

また、台風から遠く離れた場所でも、台風が秋雨前線を刺激する恐れがあり、遠く離れた場所でも集中豪雨などの被害が出る事があります。

くれぐれも油断しないようにしてくんしゃい。

引用:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091008-00000001-jij-soci
 非常に強い台風18号は7日午後、九州南部や四国、近畿、東海の一部を暴風域に巻き込みながら、紀伊半島の南海上を北上した。勢力を保ったまま8日未明 にも同半島から東海地方に上陸し、同日夜にかけて日本列島を縦断、9日に北海道付近に達する可能性が高い。前線の影響もあり、気象庁は大雨や暴風、高潮な どに厳重な警戒を呼び掛けた。
 18号の直撃が予想される三重県は約1万1000世帯に避難勧告したほか、愛知県も約240世帯に勧告。宮崎、佐賀両県などでも一部の住民が自主避難し た。また、全日空と日本航空は8日、計約250便を欠航、JR各社も一部の特急の運転を見合わせる。東海や関東などでは、同日に学校を臨時休校させる自治 体が相次いだ。
 18号は8日午前0時、和歌山・潮岬の南南西約70キロにあり、時速50キロで北東へ進んだ。中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。南東側260キロ以内と北西側220キロ以内は25メートル以上の暴風域。
 台風上陸は2年ぶりで、同庁は上陸時の勢力を950ヘクトパスカル、最大風速は40メートルと予想。1959年9月、主に高潮災害で死者・行方不明者が約5000人に上った伊勢湾台風とコースが似ており、台風接近と満潮が重なる東海地方では高潮に厳重な警戒が必要。
 西・東日本は8日、北日本では9日にかけ、局地的に1時間に80ミリの猛烈な雨が降り、大雨となる見込み。土砂災害や河川の増水のほか、落雷や竜巻・突風にも注意する必要がある。


スズメバチは秋が危険やんな〜

スズメバチは元々凶暴なハチなんやけど、秋には凶暴性がさらに増すので、用心せんばイカンばいね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101003-00000030-jij-soci


ハチは黒い色が嫌いなので、人間の頭部を襲うことが多いばい。

なんでハチが黒い色を嫌うかというと、ハチにとって巣を破壊し蜂蜜を奪う熊は天敵らしい。
熊が黒いので、危険を察知したハチは黒い色のところを襲うらしいばい。

ちなみに、スズメバチに刺されたときには急いで毒を吸い出すべきなんやけど、口で吸い出すのは危険ですばい。

スズメバチに刺されたときの応急処置は、まず患部を水で綺麗に洗う。

その後、指で患部をつまんで毒を絞り出しましょう。

あとは患部を冷やしながら、至急病院に行く。

これからの季節は、スズメバチの被害が急増するけん、最低限の知識は必要ばい。

てんでんこは命の伝承ばい

過去の教訓から学んだ事を、シッカリと受け継ぎ実践したって事ばいね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110328-00000603-yom-soci

実際には、知識として吸収出来ても、なかなか実践できない事の方が多い。
三陸で受け継がれていたてんでんこは、「津波の時は親子であっても構うな。一人ひとりがてんでばらばらになっても早く高台へ行け」という意味らしいばい。

亡くなった人の死を無駄にしないというのは、まさにこういう事やろう。
それほど、三陸では津波の被害が多かったという事もあるっちゃろうけど・・・

小学生にまでシッカリと浸透しているという事も素晴らしいばい。
生きる力を伝承しとるったいね。

子ども達にもシッカリ伝えていた親や教師、大人たちも素晴らしいし、まだまだ親に甘えたい年頃の子どもが、親にすら頼らずに一人ひとりで高台に避難出来たという事も素晴らしい。

他の地域でも、同じような伝承をする事も考えんばイカンとかも知れんばい。

木曽の御嶽山が噴火!

JUGEMテーマ:ニュース
御嶽山が噴火したらしいばい。
なんらかの前兆があったはずばってん、誰も気付かんやったとか?

御嶽山が噴火 火口から4キロ程度は警戒を
27日昼前、長野と岐阜の県境にある御嶽山が噴火し、気象庁は「火口周辺警報」を発表して噴火警戒レベルを「入山規制」を示すレベル3に引き上げ、警戒を呼びかけています。
気象庁によりますと、27日午前11時53分ごろ、長野と岐阜の県境にある御嶽山が噴火し、噴煙は山頂の火口から南側の斜面に3キロ余り流れ下っているのが監視カメラで確認されました。
NHKが昼すぎにヘリコプターから撮影した映像では山頂から灰色がかった噴煙が上空に立ち上っていました。
気象庁は午後0時36分に「火口周辺警報」を発表して噴火警戒レベルを「平常」の状態を示すレベル1から「入山規制」を示すレベル3に引き上げました。
気象庁は山頂の火口から4キロ程度の範囲では噴石などに警戒が必要だとして、長野県の王滝村や木曽町、岐阜県の高山市と下呂市では火口周辺の入山規制を行うなど、警戒するよう呼びかけています。
御嶽山は長野と岐阜の県境にある火山で、最も高い剣ヶ峰は標高が3067メートルです。
35年前の昭和54年には剣ヶ峰の南斜面で中規模の噴火が発生して山麓の農作物に火山灰による被害が出たほか、7年前の平成19年にもごく小規模な噴火が発生しています。
御嶽山では今月10日ごろから山頂付近を震源とする火山性の地震が増加し、気象庁は今後の火山活動の推移に注意するよう呼びかけていました。
気象庁は今回の噴火と今後の注意点について、午後2時半から記者会見を行って説明することにしています。


自然災害はイロイロあるばってん、火山の噴火は恐ろしかばいね。

地震や落雷といった災害と一緒で準備が出来んところが怖かばいね。

台風18号が接近中ばい

JUGEMテーマ:ニュース
台風18号が接近中ですばい。
かなり大型の台風のようですので注意が必要ばい。

全般台風情報、台風第18号:日本
[台風の現況と予想]
大型で非常に強い台風第18号は、4日3時には南大東島の東南東約250キロの海上を1時間におよそ20キロの速さで北西へ進んでいます。中心の気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心から半径170キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっています。
台風は非常に強い勢力を保ったまま、4日夜のはじめ頃には大東島地方にかなり接近する見込みです。その後、5日朝には奄美地方に近づいて進路を北東へ変え、6日にかけて西日本や東日本に接近するおそれがあります。

九州地方はどうなるか判らんばってん、たばこ屋のオッサンは一応用心の為に対策したばい。

しかし今回の台風は関東地方が一番危険な気がするね。


またまた台風ですばい。台風19号が日本に接近中!

JUGEMテーマ:ニュース

またまた台風が接近中ですばい。

今年最強の台風19号 今後も日本の南を北上 3連休は大荒れのおそれ
台風19号は猛烈な勢力で、日本の南を進んでいる。9日以降は進路を北よりに変えて、11日土曜日から12日日曜日にかけて沖縄に接近し、13日体育の日には西日本から東日本に近づくおそれがある。
午後6時現在、猛烈な台風19号はフィリピンの東を西北西に進んでいる。中心付近の気圧は900ヘクトパスカル、最大瞬間風速は85メートル。
猛烈な勢力の台風は、年間2個程度発生するが、今年は11号、13号、そして今回の19号で3個目となる。中でも、19号は中心気圧が最も低く、今年最強の台風となっている。

今度は3連休を台風が襲う事になりそうですばい。
たばこ屋のオッサンは3連休じゃないっちゃけど・・・

今年の秋は、御嶽山の噴火やら大型台風の連続やら、日本列島は自然災害に見舞われる年のようですばい。


台風19号が直撃しそうな気がするばい

JUGEMテーマ:ニュース
ヤバイ!台風19号直撃しそうですばい。
<台風19号>動き遅く広い範囲が長時間「暴風域」
台風19号は11日、沖縄本島を暴風域に巻き込みながら北上を続けた。台風19号は11日夜の時点で時速15キロと動きが遅く、勢力が衰えずに九州に近づく恐れが大きい。このため福岡管区気象台は、九州の広い範囲が暴風域に入り、九州南部を中心に長時間にわたって非常に強い雨と風が予想されるとして警戒を呼びかけている。
(以下省略)
しかもデカイわ、勢力強いわ、風速早いわ、進行速度遅いわで手ごわい台風ですばい。
佐賀県地方は直撃しそうな感じですが、他の地域も危険な状況だと思いますばい。

御嶽山の捜索が台風19号の影響で中止!

JUGEMテーマ:ニュース
この状況ならしょうがないばいね。

<御嶽山>13、14日捜索中止 2次災害の恐れ
56人の死亡が確認された御嶽山(おんたけさん)(長野・岐阜県境、3067メートル)の噴火で、長野県警は12日、剣ケ峰頂上付近の南側斜面で体の一部を収容したと発表した。身元の特定を進めている。また、同県災害対策本部は、台風19号の接近で2次災害が発生する恐れがあるとして、13、14日の捜索活動を終日中止すると発表した。

二次災害の可能性がある以上、捜索を中止するのは当然ばい。
被災地での活動はまず安全の確保からばいね。

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
広告
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM